2019年03月

寄り添って・・・シュンラン


syunran_c19032205

シュンラン
ラン科

かつてはよく歩いたルート
この頃また時々歩くようになって
そうだシュンランがあったと見上げながら行くと
一株だけ早く目覚めた花

斜面をよじ登ると初めて見る一軸二輪の花が
寄り添うように咲いている

syunran_c19032224


syunran_c19032218


syunran_c19032201


saninnekonome19032203

サンインネコノメ
ユキノシタ科
分布域ではないけれど特徴は当てはまる

saninnekonome19032204


saninnekonome19032213

詳しい方によるとそれで間違いないとのこと
これで名前で呼べる

tutiguri19032202

ツチグリが一つ

murasakihanana19032204

ムラサキハナナ(植栽)
アブラナ科
初めて出会った時の 紫の菜の花!という感激は
今もなお

murasakihanana19032201


suzusiroso19032203

スズシロソウ
アブラナ科

suzusiroso19032204

ピンクっぽい萼が可愛い

       

歩けば楽し・・・クロモジ


kuromoji19032210

クロモジ
クスノキ科

ぽつりぽつりだった花も本格的にお目覚め
あちこちで透明感のある花を咲かせ始めた

kuromoji19032212

風が強くて でも負けるわけにはいきません

kuromoji19032218


kuromoji19032233

まだ展開しない葉が角のようにとんがって

kuromoji19032223


kuromoji19032230

小さな花も団体さんになれば賑やか

kibusi19032208

キブシの簾もあちこちに
キブシ科

kibusi19032204


mitumata_c19032207

ミツマタのぽんぽん
(植栽)

momiji_c19032204

若葉のころの紅葉もきれい

momiji19032202

歩けば色んな植物が呼びかけて来る季節
あの花この花挨拶しながらてくてくてくてく
いくらでも歩ける気がする
この日の歩数は35,600歩

       

咲き初めて・・・シロバナショウジョウバカマ


sirobanasyojobakama190322021

シロバナショウジョウバカマ
ユリ科

最近はツクシショウジョウバカマと遺伝子的に同じと
判明して
併せてツクシショウジョウバカマという名になったとも
聞くがやはりこの名前の方が馴染みがいい

sirobanasyojobakama190322030

ショウジョウバカマの白花ではなくて・・・
ショウジョウバカマは葉っぱが全縁だけど
この種は小さな鋸歯があることで区別される

咲き始めの姿も慎ましくていい

sirobanasyojobakama190322005

ちょこんとした蕾

sirobanasyojobakama190322043

蕊の色が薄紫だったりもっと淡かったり
個体によって違う

sirobanasyojobakama190322046

他の場所ではまだ蕾が固いのに
ここだけ目覚めが早い

sirobanasyojobakama190322071


sirobanasyojobakama190322079


sirobanasyojobakama190322090

もしかして空振りかもと危ぶみながら来てみたけれど
咲いていてくれてよかった

       

やっと花盛り・・・ケスハマソウ


kesuhamaso190320009

ケスハマソウ
キンポウゲ科

なかなか咲き揃わなかった花がやっと花盛り

kesuhamaso190320030

近年の風水害で楽園はかなり荒れてしまったけど
時期がくれば顔を上げて
可憐な花姿を見せてくれる

kesuhamaso190320044


kesuhamaso190320049

大きな倒木が直撃した場所は
そこから逃げ出した花たちが小さな群落を作って

kesuhamaso190320059


kesuhamaso190320069


kesuhamaso190320056

花びらの多い花

kesuhamaso190320095


kesuhamaso190320137

水路脇の斜面に種が流れるのかぽつりぽつり


kesuhamaso190320175



kesuhamaso190320192


kesuhamaso190320204


kesuhamaso190320208


kesuhamaso190320223

茎にびっしりと毛

撮影は1週間ほど前
もう花びらを落としている頃かも

       

去りゆく前に・・・カンムリカイツブリ


kanmurikaituburi_c19032002

カンムリカイツブリ
冬の間池にいっぱい身を浮かべていた水鳥も少なくなったが
冬羽から夏羽に装いを変えたこの鳥に会えた!

kanmurikaituburi_c19032033

冬羽よりこちらの方がより冠っぽいかも

kanmurikaituburi_c19032020

冬羽のままの鳥も
少し頬のあたりが色変わりしているようにもみえる

ruribitaki_c19032203

植物園ではルリビタキが別れを告げるかのように
目の前に飛んできてくれた


mahiwa_c19032216

山路ではマヒワの囀りがここにいるよと呼んでくれた
空抜けおまけにボンヤリだけどわたしには貴重

mahiwa_c19032222


mahiwa_c19032227

上が雄 下が雌

mahiwa_c19032242

ヤシャブシの花が咲いている傍で
茶色い実を啄む
今季マヒワが少ない中でここでは比較的会うことができた

裸木の中の鳥はわたしのような素人でも見つけやすく
姿を求めて歩いていると
他のことはすっかり忘れて無心になれて
わたしのなによりの精神安定剤であってくれた
冬鳥さんたち ありがとう

       
最新コメント
ギャラリー
  • 伸びやかに・・・コバイケイソウ 信州11
  • 伸びやかに・・・コバイケイソウ 信州11
  • 伸びやかに・・・コバイケイソウ 信州11
  • 伸びやかに・・・コバイケイソウ 信州11
  • 伸びやかに・・・コバイケイソウ 信州11
  • 伸びやかに・・・コバイケイソウ 信州11
  • 伸びやかに・・・コバイケイソウ 信州11
  • 伸びやかに・・・コバイケイソウ 信州11
  • 伸びやかに・・・コバイケイソウ 信州11