2019年03月

そっと花・・・アブラチャン


aburachan19031805

アブラチャン
クスノキ科
春先の花は新芽とみまがうような控え目な色

aburachan19031802

小さな可愛い花が愛しい

yuriwasabi19031803

咲き始めのユリワサビ
アブラナ科

jiroboengosaku19031802

ジロボウエンゴサク
ケシ科
やっと会えた

jiroboengosaku19031810


yamaengosaku190318

これもジロボウかと思ったけれど
葉っぱが三裂しているようなのでヤマエンゴサクかな

hurasabaso19031804

フラサバソウ
オオバコ科
もっと小さな花をよく見るので別の種かと思ったけれど
調べてみたらやはりフラサバソウのよう

hurasabaso19031805


hurasabaso19031816

オオイヌノフグリと並べてみました

oinunohuguri19031801


yamanekonome19031802

ヤマネコノメの豪華版
ユキノシタ科

       

ぽつりぽつり・・・ミノコバイモ再び


minokobaimo190318011

ミノコバイモ
ユリ科

朝の雫を花びらに乗せて

minokobaimo190318047

前回会ったのは栗畑の住心地がいい場所だったけど
今回訪ねた数カ所は
岩がゴロゴロしていたりもう少し環境の厳しいところ

minokobaimo190318076

ぽつりぽつり点在する花

minokobaimo190318079

健気に岩の間から顔を出して

minokobaimo190318086


minokobaimo190318115


minokobaimo190318134

ちょっとだけのっぽさん

minokobaimo190318142


minokobaimo190318151

褐色の葉っぱの花と
何年か先に咲く予定の緑の葉っぱ

minokobaimo190318158

先客二人
後ろ姿に挨拶したが聞こえない風
土を掘る鍬の音が聞こえて来た
手には大きなスーパーの袋
え こんなところに山菜?
いや山菜などない
写真を撮っている間もさらに響く鍬の音
どうやらこちらがいようがお構いなしに
せっせと球根を掘っている様子
なら声を掛けても返事などしたくないのもごもっとも

友人が注意してやっと作業をやめたが
なんとも後味の悪い出会いだった・・・

       

たおやかに・・・キバナノアマナ


kibananoamana19031851

キバナノアマナ
ユリ科

kibananoamana19031836

倒れそうに茎を伸ばして
でも
たおやかに花茎もたげて可愛い花を咲かせる

kibananoamana19031809

同じアマナがついても
アマナやヒロハノアマナとはちょっと違う
調べてみたらアマナ属キバナノアマナ属と
同じユリ科でもちょっと違う分類

kibananoamana19031813

結実したセツブンソウと一緒
ここではセツブンソウがすっかり終わるのと
入れ替わるように花を咲かせる

kibananoamana19031821


kibananoamana19031853

少し咲き進むとうっすらと花の縁が赤味を帯びて
ストライプ状になるのも好もしい

kibananoamana19031855


kibananoamana19031868


kibananoamana19031874


kibananoamana19031883

足を伸ばしてお隣の県で

       

川の畔で・・・ネコヤナギ


nekoyanagi19031203

ネコヤナギ
ヤナギ科

近くの川の畔で

nekoyanagi19031206

ネコヤナギなどどこででも会えそうで
さてどこでとなると
こんな風にきれいに蕊を展開する木はあまり思いつかない

nekoyanagi19031213


nekoyanagi19031214

去年の豪雨でも流されずに残っていてくれた

nekoyanagi_c19031512

別の日別の場所で

nekoyanagi_c19031507


sirobananekonome_c19031502

この日はシロバナネコノメの様子を見に行ったのだけど
開花はまだ先のよう
残っていることは確認できて一安心

最近は川沿いや谷沿いの花がずっと安泰だとは
思えなくなった

       

見上げれば花・・・マンサク


mansaku_c19031504

マンサク
マンサク科
この時期裸木が多い中でいち早く花を咲かせる

mansaku_c19031510

ささやかな花だけど色彩の乏しい山の中では
とても鮮やかに感じられる

何よりも見上げれば花という風情がいい
俯いて考え事をしていては気付かずに通り過ぎてしまう

レモンイエローっぽい色の花

mansaku_c19031512


mansaku_c19031515


mansaku_c19031526

こんなにもささやか

mansaku_c19031533

黄色の濃い花

mansaku_c19031536


mansaku_c19031539

以前はあちこちのこの花に挨拶したくて
表六甲から裏六甲までてくてく歩いたけれど
表側で出没する猪が山路の先で立ちはだかったことがあって
それ以来敬遠

裏から回れるルートで挨拶
以前に比べたら咲いている木が少なくなった

       
最新コメント
ギャラリー
  • 何度でも・・・アクシバ
  • 何度でも・・・アクシバ
  • 何度でも・・・アクシバ
  • 何度でも・・・アクシバ
  • 何度でも・・・アクシバ
  • 何度でも・・・アクシバ
  • いつものように・・・アサザ
  • いつものように・・・アサザ
  • いつものように・・・アサザ