礼文・利尻

旅の終わり・・・ツマトリソウ 北の地15


kuroyuri18061929

六日目の続き・・・

礼文の滝から引き返す道に
瑞々しいクロユリ

kuroyuri18061918


kuroyuri18061901


ran18061913

ラン科ということまではわかるけど
この花はなんでしょう

ran18061908

たった一本だけ出会った花

-----アオチドリだと教えて頂きました-----

tyosengomisi18061902

チョウセンゴミシ


tumatoriso18061909

ツマトリソウが乱れ咲き!

tumatoriso18061910

何度もアップするけど
出会う度に挨拶したい花につきご容赦

tumatoriso18061920


tumatoriso18061924


tumatoriso18061951

ピンクと白が片寄せて同じ株から

gozentatibana18061902

ゴゼンタチバナも群生

uso_c18061922

車道に出て帰る道にウソが飛び出して
タンポポの綿毛を啄む

ほとんど通る車もなく長い間付き合ってくれた


asahi18062038

七日目
最終日も美しい朝日と共に夜が明けて
利尻・礼文の旅は終わる

稚内に降り立った時はあまりの寒さにどうなることかと
不安になったけれど
予定していた徒歩の行程もすべて回れて
振り返れば幸運に恵まれた旅となった

気力体力を考えると
こんな風に逐一計画を立てて礼文を歩くことも
もうないかも・・・・

manhoru_c180620

長々と見て頂いてありがとうございました

----6月14日から20日までの旅の記録----

       

礼文の滝・・・エゾツツジ 北の地14


ezotutuji18061905

六日目続き
それぞれのルートにチシマフウロやレブンシオガマ
ハクサンチドリ、ノビネチドリなどの同じ花も咲いているが
そのルートならではの花もある

エゾツツジは礼文の滝に行くコースでのみ会えた


ezotutuji18061910



ezotutuji18061916

ピンクの色濃い草丈の低い花

hana18061914

この花はなんだったっけ・・・
---わかりました ムカゴトラノオ---

kokemomo18061903

コケモモ

kurumabatukubaneso18061904

クルマバツクバネソウ


obasunoki18061907

オオバスノキ?

tisimagenge_c18061905

チシマゲンゲ

rebunnotaki_c18061902

ロープにつかまって降りる箇所なども通って
いよいよ海辺の礼文の滝へ

rebunnotaki_c18061910

青空のもと爽やかに滝が流れる
上空にはオオセグロカモメたち

rebunnotaki_c18061916

人家など一軒もない海辺
さてそろそろ旅も終わり引き返すとしよう

       

朝焼けから始まる・・・レブンウスユキソウ 北の地13


asahi180619009

旅の六日目
北の地の日の出は早く3時40分ごろ
宿の前の海岸に飛び出して日の出を見る

asahi180619025


asahi180619044

実質自由に行動できる最後の日

asahi180619114


asahi180619006

目の前の利尻もうっすらと朝焼けに包まれて目覚める

uguisu_c18061908

本日の予定は礼文林道を通って礼文の滝に行くコース
幸先よく鶯が姿を現して囀る

uguisu_c18061909


rebunusuyukiso180619009

会いたかったレブンウスユキソウ
自生地と言われるところから離れて一株
ここはどうやら目覚めが遅いようだ

rebunusuyukiso180619031

滝に向けてのルートで咲いていた!

rebunusuyukiso180619057


rebunusuyukiso180619069


rebunusuyukiso180619072

きれい!というのではないけれど魅せられる・・

rebunusuyukiso180619078


rebunusuyukiso180619080

例によって咲いている花にはみな挨拶

どうやらレブンアツモリソウの盛りにはレブンウスユキソウは
まだ固い蕾で
数日の滞在でどちらもいい時期に出会うのは
無理なようだ
どちらつかずにならなくてよかった

道中出会った他の花については次回・・・

       

宇遠内から来た道を・・・エゾヒナノウスツボ 北の地11


ezohinanousutubo18061814

五日目続き・・・

宇遠内の浜でエゾヒナノウスツボ

ezohinanousutubo18061809


hamabenkeiso18061810

ハマベンケイがいっぱい

hamabenkeiso18061802


hamabenkeiso18061813



hamaendo18061803

ハマエンドウ

hiogiayame_c18061802

ハクサンチドリ エゾカンゾウ ヒオウギアヤメが
咲き乱れる小川

iwabenkei18061821

イワベンケイ

iwabenkei18061813

花かと思えば花後

suzuran18061803

スズランも群生

ibukitoranoo18061802

イブキトラノオ

miti180618

道のあちこちに色々な花が咲いていて
それに釣られてどこまでも歩いていけそう

       

宇遠内への道・・・オオタカネバラ 北の地10


nobinetidori18061803

五日目の続き

天気予報はあまり良くないけれど
歩き出せばなんとかなるだろうと出発
結局降られることなく歩き通せた

行程は香深井から宇遠内まで行き
引き返して礼文林道を通り宿まで歩くルート
かなりの距離になる

7年前に歩いてとても気に入ったのでもう一度と思ったのだが
行く前に調べてみると
辿り着くには徒歩か船でしか行けない秘境とされていた
姉を伴うのはどうかと思いつつ
行ってみたら以前より道ははっきりしていて
記憶通り素敵なルートだった

まず出会ったのが瑞々しいノビネチドリ

obananoenreiso18061801

オオバナノエンレイソウは残念ながら痕跡のみ

kurumabatukubaneso18061803

クルマバツクバネソウがあちこちに

nobinetidori18061806

白いノビネチドリ

kokeiran18061802

コケイランも花盛り

miyamaodamaki18061802

このルートが好きなのはミヤマオダマキが
岩場のあちこちに咲いていること

miyamaodamaki18061815

ここの山間を下って宇遠内

yotubasiogama18061805

このまばらな咲き方だとヨツバシオガマだと
言えそう

tisimazakura18061803

チシマザクラの残り花

otakanebara18061802

オオタカネバラの花びらが滴に濡れて鮮やか

otakanebara18061807


tisimakinreika18061803

ミヤマキンレイカ

tisimakinreika18061807

岩間にしっかりと根を張って

rebunso18061803

レブンソウ

tisimagenge18061809

チシマゲンゲ

tisimagenge_c18061804


rebunkaramatu18061803

エゾカラマツ

himeiwatade18061805

ヒメイワタデ

himeiwatade18061816


ane18061802

歩いて歩いて宇遠内に到着
人家は少ないが
このルートを歩く人のためにバイオトイレも茶店もあった

uennai18061801

砂浜でおむすびを食べていると
ここで休んでいいんだよとわざわざ声をかけて下さった
ここに来るまで誰一人出会わなかった・・・


       
最新コメント
ギャラリー
  • 伸びやかに・・・コバイケイソウ 信州11
  • 伸びやかに・・・コバイケイソウ 信州11
  • 伸びやかに・・・コバイケイソウ 信州11
  • 伸びやかに・・・コバイケイソウ 信州11
  • 伸びやかに・・・コバイケイソウ 信州11
  • 伸びやかに・・・コバイケイソウ 信州11
  • 伸びやかに・・・コバイケイソウ 信州11
  • 伸びやかに・・・コバイケイソウ 信州11
  • 伸びやかに・・・コバイケイソウ 信州11