つぶやき

のんびりと・・・ユキモチソウ



baimo_c200411

バイモの実
今までじっくり観察したことがなかった

世間がコロナ一色に塗りつぶされるまでは
ほぼ毎日のように出かけていたけれど
今やそんなわけにもいかず
のんびり家で過ごすことが多くなった

体力やルートの認識力が低下していつ歩けなくなるかもという思いから
せっせと歩いていたのだけど
こんな形で自由に歩くのを阻まれるようになるとは
予想だにしなかった
でもこの忌むべき敵との戦争が
武器を持つのではなく人との接触を避けることで
終息するのならば今は我慢の時・・・

在宅が多くなっていやに愛想がよくなったなと思っているのは
ネズミの額より狭い庭の花と
愛犬ワン子ちゃんかも

marori_c20041111

住宅地の散歩から誰もいない場所に切り替えて
・・・裏の空地が意外にも広かった!・・・
愛犬ワン子は伸び伸び

marori_c20041112


marori_c20041103

ウエアは孫のトレーナーをリフォーム
ダニに取りつかれても困るので予防的に

frijia20041104

フリージア
水やりした後なので滴だらけ

haiodorikoso20041101

ハイオドリコソウ
うろ覚えでいい加減な名前を付けてしまいました(^-^;
正しくはキバナオドリコソウ
別名ツルオドリコソウです

himeturusoba20041103

ヒメツルソバ

margaret20041101

マーガレット

yukimotiso20041702

今一番嬉しいのがこのユキモチソウ
故郷の姉に頼んで裏山の株を鉢植えにしてもらった花が
咲いた

       

花の盛りに・・・ギフチョウ


gihutyo200406143

ギフチョウ
二度目の訪問
今度はピークまで登ってみた
行った時はものすごいスピードで飛び交って
なかなか花に止まってくれなかったが
お弁当を食べて様子をみているとやがて時々小休止なのか
花に憩うようになった

gihutyo200406148

もう一羽やって来た

gihutyo200406149

仲良くしよう

gihutyo200406150


gihutyo200406151


gihutyo200406152

カップル成立の図かと思ったら
詳しい人によると雄がまちがえて雄に恋を語りかけたとのこと・・・

gihutyo200406134

毎年コバノミツバツツジの開花状況と
ギフチョウの発生は微妙に違うのだけど
今季は満開と発生が同時期で
花爛漫の中で10頭以上の蝶が飛び交う光景は夢のよう

gihutyo200406120


gihutyo200406052


agehatyo20040635

キアゲハも

agehatyo20040616

一瞬ではどちらがどちらか迷いそうになる

昨日撮影

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

緊急事態宣言・・
不要不急の外出は控えるようにとの要請
今までのように呑気に出歩くわけにはいかないでしょう

ふと若い頃のことを思い出した
娘たちが誕生する前までは
ぽっかり空いた何をするでもない時間が好きだったことを

心を空っぽにして
ただただそこにいることがとても豊かな時間のように
思えた
娘の誕生とともに時間に追われるようになって
やがて何もしない時間をもったいないとしか思えなくなり
「ゆとりの時間」が色褪せてしまった

スローライフ
そんな呑気なものではないけれど
縛られるといらいらするよりも
かつての日々のように自分時間をのんびり過ごすことも
いいのではないか
そうとばかりも思えないけど
そう思うことにしよう・・・

早くこの状況が改善されますように

       

花に鳥・・・メジロ


mejiro_c19022225

メジロ

桜を見ながらここに鳥が来ればいいのにと
眺めるも姿なし

諦めかけて帰ろうとする直前に群れがやって来た

mejiro_c19022214



mejiro_c19022218



mejiro_c19022219


mejiro_c19022221


mejiro_c19022234

梅に鶯ならぬ
桜に目白

毎年この日は糸切れた凧になって
したいことだけする日にしていて

でも糸を操る人がいなくなって
糸のない凧ではなかなか高く上がれません
ただその習慣だけはずっと残っていて

そうそう
何年か前のこの日もここにやって来たのだった

       

こちらとあちら・・・ホドイモ


hodoimo18071417

ホドイモ
マメ科

とても個性的な花
目立たないので咲いていても見過ごしているかも

hodoimo18071406

この花はここに住んでいることがわかったので
会いに行った

amerikahodoimo18071413

アメリカホドイモ

amerikahodoimo18071408

もともとは栽培のために連れて来られたのが
野生化したのか用水路のようなところで
びっしりと咲く

amerikahodoimo18071405

ホドイモとは違って
咲いていればすぐわかる

akamegasiwa18071401

アカメガシワ
トウダイグサ科

akamegasiwa18071404

雌花
リボンのような柱頭(?)が可愛い

siode18071402

シオデ
サルトリイバラ科

siode18071409

緑の保護色の花が好き

siode18071410

この花も咲いていてもなかなかわからない

-----------

今日は大変な一日だった
朝いつものようにパソの電源を入れようとしたら
うんともすんとも言わない
OSが立ち上がる以前の問題でどうやら電源パーツが
壊れた模様

パソがないのも不便なので電気屋さんをはしごして
でもこの頃はハードディスクがディスプレイと一体型が多くて
わたしにはちょっと違和感があり
最後に飛び込んだパソコンショップで
500GBのSSDを換装したパソコンがそこそこリーズナブル
えいっとそれに決めたら送料が必要だということで
ならタクシー代の方が安いし手っ取り早いので
連れ帰ることにする

自転車はショップに置き去り
涼しくなってから取りに行くことにして徒歩30分
なんと自転車の鍵は家に置き去り
もう一度往復することにして
ま最近歩いてないからいいやと自分に言い聞かせる

ところが途中で半端ではないにわか雨
途中のホームセンターで退避しつつ傘を購入
小降りになったので歩き始めてショップに到着する頃
東に位置するそこににわか雨が追いかけて来て雨宿り・・・・
しばらくしばらく待ってやっと雨が上がり
なんとか我が家に到着・・・

鍵を忘れさえしなければこんな目に遭わずに帰れたものを
朝のパソの乱心といい
わたしのボケボケといい
災難続きの一日だった

       

幻が蘇った・・・サツマイナモリ


satumainamori18041946

サツマイナモリ
アカネ科

satumainamori18041937

3月初め 4月初め 4月半ばと足を運んで
やっと群生する花に会えた

3月初めでも固いとはいえ蕾を付けた株もあったのに
4月初めには蕾が膨らんでも一輪の花もなくて
やっと満開・・・いや少し満開を過ぎた感さえあって
2週間ほどの間に一気に咲いたようだ

satumainamori18041939

かつて見た大群生は幻だったのかと思うほど
長い間この地のこの花に会えなかった

satumainamori18041909

あの頃のわたしは・・・・と
会えなかった年月にいかに身を置く状況が変わったことかと
しみじみ花に述懐したくなるほど
会えたことが嬉しい

satumainamori18041935


satumainamori18041950


satumainamori18041952


satumainamori18041967


satumainamori18041978


satumainamori18041969

ほらこんなにいっぱい

satumainamori18041923

幻が蘇った!
たかが花との出会いではない大きなエネルギーを
もらった気がする

出会いに感謝!

       
最新コメント
ギャラリー
  • 何度でも・・・アクシバ
  • 何度でも・・・アクシバ
  • 何度でも・・・アクシバ
  • 何度でも・・・アクシバ
  • 何度でも・・・アクシバ
  • 何度でも・・・アクシバ
  • いつものように・・・アサザ
  • いつものように・・・アサザ
  • いつものように・・・アサザ