トンボ

小さな軍配・・・グンバイトンボ


gunbaitombo20060560

グンバイトンボ
足にある小さな膨らみを軍配に見立てての命名だとか
よくもこの小さな足を
あの勇壮な軍配に見立てたものだと
名付けた人のトンボへの愛しさを感じる

gunbaitombo20060536

体長3センチぐらいの小さなトンボの
小さな足の軍配

gunbaitombo20060505

カップル成立

kuroitotombo20060504

クロイトトンボ

hatyotombo20060509

別の湿地でハッチョウトンボ 雄
暑さのせいでややオベリクス風の体勢

hatyotombo20060539


hatyotombo20060522



hatyotombo20060554

ここでもカップル成立

utiwayanma20060518

タイワンウチワヤンマ

目の前を横切るトンボを追いかけるのは楽しい
網持ってセミやトンボを追いかけていた童心が目を覚ますのかも
蝶は鱗粉が苦手で触れなかったけど・・


       

この美しきもの・・・アオハダ


aohada200529482

アオハダ
メタリックな美しい輝きを放つトンボ

生きながらにして宝石のような・・・
と言えばいいのだろうか
でもわたしは身を飾る宝石にほとんど興味がなく
そんなたとえでは申し訳ないような気になる

aohada200529373

羽根を閉じて開いて
念じるように開く時を待つ

aohada200529318

生息する場所はかなり限られているようだ
水のあぶくが気になって
オオカナダモの花が咲いているのは気づかなかった

aohada200529369

飛んだ

aohada200529189


aohada200529166


aohada200529093

時はほぼ正午
葉っぱにまっすぐに影を刻む

aohada200529061


aohada200529107

黒くて羽根に白い斑点があるのが雌

aohada200529128

しっぽを高く上げて丸めて産卵のポーズのようだけど
実際の産卵は水の中だとか

aohada200529069

こんなに優雅でもやはり肉食
カゲロウだろうか
羽のある虫をムシャムシャ

aohada200529402


aohada200529401

いつもの場所に姿がなくて
少し上流に行くと何頭かが優雅に飛び交っていた

いつもなら日差は暑くて避けたいところだけど
この時ばかりは一瞬陽光が雲に遮られるのさえももどかしく

       

われも小さく・・・ハッチョウトンボ


hatyotombo20051758

ハッチョウトンボ 雄
訪れた時ははっきりと雄とわかるトンボは
ほんの少し

hatyotombo20051749

若い雄
日本一小さなトンボで体長は2センチ足らず
しゃがみこんでわたしも小さくなったつもりで
挨拶

hatyotombo20051735

下にも一匹

hatyotombo20051713


hatyotombo20051741

こちらは雌・・・多分

hatyotombo20051761

ややオベリクスの体勢
暑いと体を垂直に立てる

hatyotombo20051730


hatyotombo20051775

左の一頭が雌
成長段階の違う雄二頭かな・・

hatyotombo20051759

下には触手広げたモウセンゴケがいて
捕まらないようにと思う一方
そんなシーンも見たいという思いも潜む
カメラを構えると時折魔が心に忍び込む

tokiso20051719

トキソウの住む湿地で

harabirotombo20051704

ハラビロトンボ?

tombo20051718

カップル成立はシオカラトンボ?

tubame20051702

親鳥を待つツバメ

       

白花健在・・・トキワハゼ


tokiwahaze20050706

トキワハゼ
シソ科

tokiwahaze20050714

本来紫色の花

tokiwahaze20050718

ついついないものねだりになるのか
白い色を探してしまう
以前出会った場所で両方の色が仲良く咲いていた

tokiwahaze20050728

しばらくは絶えそうもないからここで会えそう

kikunohaaoi20050710

キクノハアオイ
アオイ科

思った以上にあちこちで咲いていて
この花も可愛い侵略者

kikunohaaoi20052004

同じアオイ科の帰化植物のイチビと
同じような面白い形の実

hirohahanayasuri20050710

ヒロハハナヤスリ
ハナヤスリ科

花(胞子葉)がやすりのようにギザギザしている
熟するともっとはっきりして来るようだけど
このぐらいの時にしか会ったことがない

miyakogusa20050701

ミヤコグサ
マメ科
もしかするとセイヨウが付くのかも・・

nawasiroichigo_c20050501

おちょぼ口の花
ナワシロイチゴ
バラ科

tombo_c20050723

朝の早い時間
トンボたちが整列して会議中?
アサヒナカワトンボでいいのかな・・

tombo_c20050731


tombo_c20050734

寛ぎタイム~♪

       

伸びやかに・・・タムラソウ


tamuraso19092607

タムラソウ
キク科

あまり出会うことがないけれど
ここでは伸びやかにあちこちで花を咲かせる

tamuraso19092610

後ろはサワヒヨドリ

tamuraso19092612

カマキリのお客さん

tatikamomeduru19092602

タチカモメヅル
旧ガガイモ科

tatikamomeduru19092608

蜜をびっしりたたえて

mizutoranoo19092605

ミズトラノオ
シソ科
場所によって時期が違うのかここは今が満開

yanonegusa19092605

ヤノネグサ
タデ科
シンプルだけど可愛い花

hiretagobo19092601

池の畔はヒレタゴボウが大群生
アカバナ科

奥で赤く染まっているのはメリケンムグラの葉っぱ

itotombo19092613

イトトンボの一種

itotombo19092619

同じ種?

hyomontyo19092649

ヒョウモンチョウのカップル

onibasu19092634

9月の下旬になってもまだオニバスは元気
スイレン科

毛深い球状の実ができた

       
最新コメント
ギャラリー
  • 何度でも・・・アクシバ
  • 何度でも・・・アクシバ
  • 何度でも・・・アクシバ
  • 何度でも・・・アクシバ
  • 何度でも・・・アクシバ
  • 何度でも・・・アクシバ
  • いつものように・・・アサザ
  • いつものように・・・アサザ
  • いつものように・・・アサザ