密かな楽しみ・・・クロバナヒキオコシ


kurobanahikiokosi20101241

クロバナヒキオコシ
シソ科

前回の高原の続き・・
この時期高原で目立つものと言えば まずは薄の銀の波
そしてリンドウ ウメバチソウ
花の好きな人ならセンブリにも気づくでしょう

そこに潜んでいるのがこの渋い花

kurobanahikiokosi20101211

黒紫の花色は独特だけど小さいので目立たない

kurobanahikiokosi20101231

小さなありと同じぐらい

kurobanahikiokosi20101206

でもしっかり蕊を出して可愛い

kurobanahikiokosi20101219

年によっては刈られて
葉っぱだけが存在証明のように残っていることもあるけれど
今季は会えた

rindo20101212

リンドウ
リンドウ科
歩き始めは姿がなくて心配したけれど
後からは続々登場

rindo20101222

この花色の再現性がむずかしい
実際はもう少し紫がかっています

rindo20101223


senburi20101229

センブリ
リンドウ科

花弁が五枚も四枚も一緒に咲いて
このアバウトさが好き

senburi20101219


senburi20101217


akinokirinso20101204

アキノキリンソウ
キク科

年によって時期によって登場する花が微妙に違い
それもまた楽しみになる

10月中旬撮影

       

高原で・・・ウメバチソウ


umebatiso20101249

ウメバチソウ

記事をアップする時
科ぐらいは把握しようと調べるのだけど
え ユキノシタ科だったんだと思い
さらに調べてニシキギ科になったんだと
さらに意外に感じた

咲き始めの花は蕊がしっかりと柱頭にくっついて可愛い

umebatiso20101217

周りのべっこう細工の簪のような部分は仮雄蕊だとか
この繊細な部位がこの花の最大の特徴で
大好きなところ

umebatiso20101233

雄蕊が一つ開いた

umebatiso20101222

二つ目・・こうして徐々に開いていく

umebatiso20101261

もう花びら散ったものも

umebatiso20101227

柱頭のおちょぼ口が可愛い

umebatiso20101238

やがて少し赤みを帯びて

umebatiso20101246

一層簪が目立つようになる

umebatiso20101270

里山の身近な場所よりも高原の地が
先に咲くので
ほぼ毎年のようにここでまずは挨拶

こうして画像をまとめていて
少なからずショックなこと・・・
カメラは以前よりも高性能のものに変わって来ているのに
コンデジの頃よりも
花の生気が写し取れていないこと

会うことに慣れてしまって
花への慈しみが薄れているのが自覚できるだけに
それが画像に反映されているんだとわかる
反省とかそんな殊勝なものではないのだけど
わかっていても自分でもどうにもできないもどかしさ・・

tonomine20101206

銀の波静かなる高原

       

稲ノビ?・・・ノビタキ


nobitaki201013156

ノビタキ

電チャリで坂道をビューンと降りてしばらく行くと
ワンちゃんのお気に入りの川沿いの散歩コースがある
そこまで前かごに乗せて行って歩くんだけど
何年か前その辺りの田んぼにこの鳥が来たことがあって
まずはワンコと散歩しながら偵察

nobitaki201013167

いたいた!
いたんだけどワンコ連れでは自由に撮影することもままならず
一旦帰宅してワンコを家に連れ戻り
今度はカメラを持ってもう一度現地に

nobitaki201013132

ちょうど通りかかった地主さんに挨拶すると
自由に入って撮っていいよと言って頂き
ノビタキとお近づきになれた

nobitaki201013127

顔の黒いのは雄かな

nobitaki201013085

エノコログサに止まっているのは雌っぽい

nobitaki201013052

突き出た場所がお気に入り

nobitaki201013092

センダングサに止まった

nobitaki201013202

コスモスに止まったノビタキをコスノビと言うみたいだけど
それにならえばイネノビ?
ちょっと響きもスマートじゃない

nobitaki201013217

一・二・三羽~♪

nobitaki201013239


nobitaki201013243


nobitaki201013254

急な坂を二往復することになったけど
五・六羽が楽し気に遊んでいる姿を見られてよかった

marori_c201013006

おまけ うちのワンコです

       

帰りはこの道・・・カラスノゴマ


karasunogoma20100620

カラスノゴマ
アオイ科

よくお邪魔するサイトでこの花をアップされていて
山路の帰りは
この花の咲くルートにする

karasunogoma20100607

ちょうど花の盛り

karasunogoma20100601

季節巡ればぜひ会いたい花
思い出させてもらってよかった
優しい黄色の花びらに蕊がすーっと伸びた姿がいい

karasunogoma20100618


karasunogoma20100654

ヒラタアブが吸蜜中

karasunogoma20100629

花と実
カラスノゴマの命名はここから?

調べてみたら
ゴマは食べられるけどこの種子は食べられないから
カラスのゴマになったんだとか
花の名前は時々動物蔑視を思わせるものがある

tamamusi20100335

久しぶりに会えたタマムシ
じっとしているから生きていないのかと思ったけど
ちゃーんと動いた!

tamamusi20100332

久しぶりの出会い
子どものころから出会うと大喜びだった
どこでどんな風に会ったかまで思い出せるって
年取って子供の頃の思い出のみが鮮明になる現象???

hadakahozuki20100311

赤くなったハダカホオズキ
ナス科

10月初旬の出会い色々

       

小さくとも・・・アカネ


akane20100210

アカネ
アカネ科

小さいけれどとても繊細な花を咲かせる

akane20100222

この頃呑気にイメージだけで撮って後で調べたら
もう少しきちんと撮ったら色々わかったのにと
反省することが多いので
雄花や雌花をしっかり撮ろうと珍しく真剣

ん これは雄花かな
上の画像は柱頭が見えるから雌花?とわかった気になったら
なんのことはない 両性花で
雄花が落ちる頃柱頭が目立つということのよう

akane20100225


akane20100230

実を撮ったと思ったら
これは虫えい
勘違いばかり・・・

aretiuri20100215

アレチウリ 雌花
ウリ科の帰化植物

やや、いやかなり暴れん坊だけど
この緑の花色 ストライプの入った花は大好き

aretiuri20100218

雄花

aretiuri20100221

毛むくじゃらの実

kanamugura20100202

カナムグラ 雌花
アサ科の帰化植物
この花も暴れん坊

kanamugura20100205

雄花

10月初旬の出会い色々

       
最新コメント
ギャラリー
  • 密かな楽しみ・・・クロバナヒキオコシ
  • 密かな楽しみ・・・クロバナヒキオコシ
  • 密かな楽しみ・・・クロバナヒキオコシ
  • 密かな楽しみ・・・クロバナヒキオコシ
  • 密かな楽しみ・・・クロバナヒキオコシ
  • 密かな楽しみ・・・クロバナヒキオコシ
  • 密かな楽しみ・・・クロバナヒキオコシ
  • 密かな楽しみ・・・クロバナヒキオコシ
  • 密かな楽しみ・・・クロバナヒキオコシ
記事検索
メッセージ
アーカイブ
  • ライブドアブログ