umebatiso20101249

ウメバチソウ

記事をアップする時
科ぐらいは把握しようと調べるのだけど
え ユキノシタ科だったんだと思い
さらに調べてニシキギ科になったんだと
さらに意外に感じた

咲き始めの花は蕊がしっかりと柱頭にくっついて可愛い

umebatiso20101217

周りのべっこう細工の簪のような部分は仮雄蕊だとか
この繊細な部位がこの花の最大の特徴で
大好きなところ

umebatiso20101233

雄蕊が一つ開いた

umebatiso20101222

二つ目・・こうして徐々に開いていく

umebatiso20101261

もう花びら散ったものも

umebatiso20101227

柱頭のおちょぼ口が可愛い

umebatiso20101238

やがて少し赤みを帯びて

umebatiso20101246

一層簪が目立つようになる

umebatiso20101270

里山の身近な場所よりも高原の地が
先に咲くので
ほぼ毎年のようにここでまずは挨拶

こうして画像をまとめていて
少なからずショックなこと・・・
カメラは以前よりも高性能のものに変わって来ているのに
コンデジの頃よりも
花の生気が写し取れていないこと

会うことに慣れてしまって
花への慈しみが薄れているのが自覚できるだけに
それが画像に反映されているんだとわかる
反省とかそんな殊勝なものではないのだけど
わかっていても自分でもどうにもできないもどかしさ・・

tonomine20101206

銀の波静かなる高原