2020年06月

不思議な調和・・・バイカツツジ


baikatutuji200615109

 バイカツツジ
ツツジ科

これがツツジ?と思うような姿

花の中心あたりに赤いストライプがあり
雄蕊は思い思いの方向にゆるやかにカーブして
なんとも楽しげ

baikatutuji2006150024

とても可憐なのに
花筒にも花柄にも葉柄にも腺毛がびっしり

baikatutuji2006150056

それが不思議に調和して
毛むくじゃらの姫君といったところか

baikatutuji200615106


baikatutuji2006150062

腺毛だらけながら蕾の先だけはつんとなめらか

baikatutuji2006150033

大好きなのでなんとかうまく捉えたいとは思うものの
うまく撮れたためしなく

てんでばらばらな雄蕊 花芯あたりの赤い縞模様
その中の綿毛風の毛 清楚な花びら
どこにピントを合わせたらいいのか迷う心そのままに
とりとめのない画像になってしまう
ま いつものことではあるけれど

baikatutuji200615084


baikatutuji200615069

咲いてる花は同じでも
いちいち立ち止まって挨拶してしまう

       

点描・・・オオカモメヅル


okamomeduru20061233

オオカモメヅル
キョウチクトウ科
ガガイモの仲間特有の花芯がとても美しく可憐

okamomeduru20061246

花に比べれば大きな葉っぱに隠れるように咲くので
もしかしたらこれってオオカモメヅルの葉っぱ?
そしたら葉裏に花が隠れているかも・・
という二段活用でいつも花に会う

今季初の出会い
後日いっぱい会えたけどまずは雫に濡れたこの花をアップ

murasakisikibu20061213

ムラサキシキブ
調べてみれば意外にもシソ科・・

murasakisikibu20061206

気付けば花が終わっていることが多く
今回はきれいな花に会えた
でもこの木はどういう事情か大きな枝がへし折られて
路傍に打ち捨てられていた
雨だから鮮度のいい花のままで会えた
見回しても元の株はなく
折ったのならせめて持ち帰ればいいのに

okatoranoo20061206

咲き始めたばかりのオカトラノオ
サクラソウ科

tutiakebi20061202

ツチアケビ
ラン科

撮影は6月半ば
もう花は咲いて終わっているのだろうか

utubogusa20061202

ウツボグサ
シソ科

hiodosityo20060803

ヒオドシチョウ

hiodosityo20060801

羽根の裏と表ではまるで表情が違う
瑠璃色の縁取りがきれい

あちこちの出会いをまとめて・・

       

崖っぷちの姫君・・・ヒナラン


hinaran20062108

ヒナラン
ラン科
遠出以外では
ここしか
咲いている場所を知らない

hinaran20062116

ほぼ直立した岩に付いた苔に根を下ろして
花を咲かせる

その苔もずるずると剥がれて
オーバーな言い方をすれば
まさに崖っぷちの姫君

hinaran20062121

株は年々少なくなって
いつ消えてもおかしくない花が
今年もいたことが嬉しい

hinaran20062130


hinaran20062132

昨年の花殻
種が着地して育ってくれるといいのだけど

hinaran20061208

十日近く前に会いに来た時はこの状態
もう終わっているかもと思いつつ来たけれど
案外花は長持ちなのだろうか

花も小さく
距離も離れていて
望遠でやっとおぼろに花の表情がわかる

       

危うくセーフ・・・カキラン


kakiran20061203

カキラン
ラン科

柿色の側弁
唇弁はピンクに柿色の斑を乗せて虫に齧られたかのような窪み
なかなか個性的な風貌である

kakiran20061210

ラン科の中では比較的会いやすい部類かも
あちこちで小さな群落になって咲く

kakiran20061214

がっしりした姿なので
なんとなく花期も長いような気がして
のんびり構えていたら
小群落のほとんどが早くも終盤

kakiran20061217

この団体さんだけがまだ初々しい花を見せてくれた

kakiran20061221


kakiran20061226


kakiran20061231


kakiran20061245


kakiran20061249

待っていてくれる一叢があってよかった

monsirotyo20061203

アザミにモンシロチョウ


       

雨なればこそ・・・スズサイコ


suzusaiko200612090

スズサイコ
もとガガイモ科
最近の分類ではキョウチクトウ科

suzusaiko200612021

いつもなら雨の日は出かけるのはやめようと思う
でも
この花に会う時は
少しぐらいの雨なら出かけようと思う

suzusaiko200612108

この花は
夕方から目覚めて日が昇る頃には
閉じてしまう花だから

雨の日だと日差が届かないから
寝坊して・・・いやその逆かな・・
花開いたまま待っていてくれる

suzusaiko200612065

大慌てで閉じる前にとカメラを構える必要もなく
のんびり花と語らうことができる

suzusaiko200612069

今季は池の傍の株がいっぱい

suzusaiko200612089


suzusaiko200612077

ヒラタアブが蜜を吸いに

suzusaiko200612093

萼片が緑っぽいのと赤いのとある

suzusaiko200612135

もう一ヵ所で
11時過ぎまだ咲いていてくれた

suzusaiko200612146

いつもここを訪ねるのは遅くて
住んでいる筈なのにと思いながら
会うことができなかった場所だけど
いっぱい住んでいることがわかった

雨の日は憂鬱だけど
雨の日だから会える花がある

       
最新コメント
ギャラリー
  • 仲良し・・・ハグロトンボ
  • 仲良し・・・ハグロトンボ
  • 仲良し・・・ハグロトンボ
  • 仲良し・・・ハグロトンボ
  • 仲良し・・・ハグロトンボ
  • 仲良し・・・ハグロトンボ
  • 仲良し・・・ハグロトンボ
  • 仲良し・・・ハグロトンボ
  • 仲良し・・・ハグロトンボ
記事検索
メッセージ
アーカイブ
  • ライブドアブログ