まさに狐・・・キツネノハナガサ


kitunenohanagasa20091520

キツネノハナガサ
行きの山路のあちこちにびっくりするほど出ていた
数十株はあっただろうか

kitunenohanagasa20091516



kitunenohanagasa20091528


kitunenohanagasa20091533

大好きなキノコなのでその都度撮ったけど
こうしてみればどれも同じ(^-^;
その場で味わうキノコかも
あ もちろん食べません・・

「キツネ」がつくのはその姿の脆さゆえかと思っていたら
幻のように姿を消すからなのかも
復路同じ道を通ったら夢を見ていたのかと思うほど
見事に一本も姿がなかった
数日後ほぼ同じ時間帯に通ってもまるで姿なく
狐に化かされたのかと思うほど

今までで一番多くのキツネノハナガサに会えたから
その正体が少しわかった気がする

akebi20091502

え この時期にアケビ!
アケビ科

akebi20091503


hojaku20091524

フサフジウツギの蜜を吸うホウジャク
オオスカシバと教えて頂きました♪

hojaku20091521


hojaku20091529


hojaku20091516


       

いつもの場所で・・・ホツツジ


hotutuji20082522

ホツツジ
ツツジ科

いつもの場所に一本だけある木

hotutuji20082506

ちょうど咲いていてくれた
よじ登ってお近づきになろうかとも考えたけど
ちょっと足元が悪いので望遠で

sikokumamakona20082513

シコクママコナ
ハマウツボ科

以前は何本もあったのにたった一本だけ
環境が変わったのだろうか・・
この一本がまた増えますように

mizutamaso20082504

ミズタマソウの花と実
タデ科

mizutamaso20082514

楽しげに遊んでいるかのような花

tade20082502

タデ科の・・・なんだろう
サクラタデにやや雰囲気は似ているけれど
実際に見た感じでは違うし
環境もカラカラに乾いた場所だし・・
無印のタデってないのかな

matugumi20082510

マツグミの花が落ちていて
松の木を見上げるのだけど高い 高い
ヤドリギ科

matugumi20082506

咲いているのはわかる程度

matugumi_c20082503

実になっているのもなんとかわかる程度
近くで見たいな!

hanmyo_c20082521

道案内のハンミョウが登場
こんな鋭い口なのだと再認識

hanmyo20082517

小さな虫が周りを飛び交って
体に止まるのだけどどんな関係?

hanmyo20082530

きれいなボディ

hanmyo20082534

しばらく遊んでもらった


       

虫その2・・・マダラコシボソハナアブ


madarakosibosohanaab20071709

虫の続き・・・
ダイコンソウに止まるマダラコシボソハナアブ
きゅっとくびれた腰が可愛い

madarakosibosohanaab20071716

ミツバの花にも

madarakosibosohanaab20071720


madarakosibosohanaab20071711


nusubitohagi20070507

ヌスビトハギの花にも

nagame20070572

ナガメ
カメムシの一種

nagame20070513

カップル

nagame20070506

まだ幼い虫

kusagikamemusi20070503

クサギカメムシ

hagurotombo20070520

ハグロトンボ


tombo20071707

イトトンボよりは大きいけど
名前はまだわかりません

幼虫は苦手だけど
虫もよく見ると色々表情があって楽しい

       

なんとも可愛い・・・ヒゲナガオトシブミ


higenagaotosibumi20071707

ヒゲナガオトシブミ
体長1センチ前後の小さな虫

higenagaotosibumi20071712

よく見れば可愛いのなんの
きゅっと伸びた首
小さな目
そのわりには長い触覚

higenagaotosibumi20071719

羽根をちょろっとスカートのように出したままなのも
可愛い

higenagaotosibumi20071738


higenagaotosibumi20071740

羽根を広げた

higenagaotosibumi20071748


higenagaotosibumi20071762


higenagaotosibumi20071768

ほんの少し移動するだけで
しばらく付き合ってくれた

小さな小さな虫に心奪われた楽しいひととき

(クリックすると画像が大きくなります)

       

思い思いに釣り糸垂れて・・・ウラシマソウ


urasimaso20041529

ウラシマソウ
サトイモ科

よくもぴったりの名前があったものだと思う
まさに釣糸垂れてじっと待つ風情

urasimaso20041515

糸垂れる方向がそれぞれなのも面白い

urasimaso20041533

まだ初心者風

urasimaso20041548

傾きかけた日差に葉っぱが輝いて
とても美しかった

musasiabumi20041513

ムサシアブミ(植栽)
サトイモ科
圧倒的な存在感

musasiabumi20041508


itirinso20041503

イチリンソウ
キンポウゲ科
ここの花はのんびり開花

itirinso20041516

二輪のイチリンソウ
ここでは初めて会った

itirinso20041517

花びらが多い株も
図鑑の説明の花びらや花の数はもちろん参考になるけれど
花たちはそんなことにお構いなしに
大らかに咲いていることが多い

そんな花たちに会うことで
知らず知らず心が解放されているのかも

kamenokotento20041503

カメノコテントウ
テントウムシの中では一番大きいようで

kamenokotento20041514

食草とされる木ではないようだけど
ひと休みかな

       
最新コメント
ギャラリー
  • 密かな楽しみ・・・クロバナヒキオコシ
  • 密かな楽しみ・・・クロバナヒキオコシ
  • 密かな楽しみ・・・クロバナヒキオコシ
  • 密かな楽しみ・・・クロバナヒキオコシ
  • 密かな楽しみ・・・クロバナヒキオコシ
  • 密かな楽しみ・・・クロバナヒキオコシ
  • 密かな楽しみ・・・クロバナヒキオコシ
  • 密かな楽しみ・・・クロバナヒキオコシ
  • 密かな楽しみ・・・クロバナヒキオコシ
記事検索
メッセージ
アーカイブ
  • ライブドアブログ