園芸種

爽やかに秋・・・パンパスグラス


panpasugrass20082036

パンパスグラス
イネ科

もともと切り花として出荷していた名残なのか
近くの道路脇でこの花が連なっている

panpasugrass20082024

やや黄色味を帯びた白い穂が青空に映えて
清々しい

panpasugrass20082022

思わず見上げて
見上げるっていいなと気づく

panpasugrass20082019

少しぐらいの鬱屈があっても
見上げていると
心がすーっと軽くなる

panpasugrass20082008


panpasugrass20082006

やがて吹く風にもてあそばれて
身も細り
それでも立ち尽くして・・・

でもその時までは存分に刹那の夢に心を委ねよう

       

ここがお気に入り?・・・アメリカホドイモ


amerikahodoimo20071721

アメリカホドイモ
マメ科

amerikahodoimo20071730

アピオスともいい
もともとは食用に導入されたもののようだが
この花はなぜか用水路の傍で蔓を伸ばして生い茂っている

amerikahodoimo20071718

面白い花の形
どこが蕊やらさっぱりわからない

amerikahodoimo20071709


amerikahodoimo20071702

この場所がよほど住み心地がいいのか
どんどん勢力圏を広げているような気がする

amerikahodoimo20071734


hanaikada20071703

ハナイカダ
ハナイカダ科

ちょっと変わり者たちを
何個か葉っぱに実が乗っているのは見たことがあるけれど
これは双子ちゃん風

hanaikada20071710

筏に乗らない自立心旺盛な実
葉っぱが実を残して虫に食べられたのだろうか

hanaikada20071714

半分黒くて半分緑
会ったのは7月半ば
今頃はどちらも真っ黒になっているかな

kobannoki20071706

コバンノキの実

kobannoki20071704

熟した実

natuhuji200717

涼し気なナツフジ
マメ科
春のフジに比べると目立たずそっと咲いている

       

見るだけなら・・・アカメガシワ


akamegasiwa20070305

アカメガシワ 雌花
トウダイグサ科

akamegasiwa20070316

花の時期 黄葉の時期
名前の通り真赤な芽を出す目覚めの時期
そんな時は好もしく思うけれど
実際は実生であちこちに根を張り逞しすぎて
持て余す木なのかもしれない

akamegasiwa20070321

雄花はとても繊細な花

akamegasiwa20070323


ukon20062603

番外で・・
わが家のウコン
ショウガ科

狭い庭では持て余すかもと思いつつも
花に惹かれて実家から持ち帰った株が初めて花を咲かせた
何年前かも思い出せない

ukon20062201

こちらは咲き始め
ほんとの花は上の黄色い部分?
名称がよくわからない

miyamamugiran20062210

ミヤマムギラン
ラン科
これももう何年前か忘れるほど以前
道の駅で売っているのを買って来て
葉っぱだけは元気だったのが
今年初めて花を咲かせた

あまりに小さくて奥にまだ蕾があるのに気づかず
この画像のみ

売りに出された花は元に戻るわけもないけど
購入する者がいるからさらわれることにもなるのだから
安易に買ってはいけないのだとこの頃思う

       

いつものように・・・アサザ


asaza20061617

アサザ
ミツガシワ科

asaza20061611

足しげく通う植物園
・・・今年はそうも行かないけれど・・・
梅雨時の楽しみは
一体何種あるのだろうという紫陽花と
池に浮かぶアサザとスイレンの花の帯
隅の方にはコウホネも咲く

asaza20061626

この花が好き

asaza20061607

水鏡に姿映して

asaza20061615


asaza20061618

曲線状に混じりあった模様が美しい

ajisai20061607


ajisai20061606


ajisai20061602


ajisai20061615

いつも通りにいつもの花が咲く
それがしみじみ・・・文字通り・・
有り難い

6月半ば撮影

       

のんびりと・・・ユキモチソウ



baimo_c200411

バイモの実
今までじっくり観察したことがなかった

世間がコロナ一色に塗りつぶされるまでは
ほぼ毎日のように出かけていたけれど
今やそんなわけにもいかず
のんびり家で過ごすことが多くなった

体力やルートの認識力が低下していつ歩けなくなるかもという思いから
せっせと歩いていたのだけど
こんな形で自由に歩くのを阻まれるようになるとは
予想だにしなかった
でもこの忌むべき敵との戦争が
武器を持つのではなく人との接触を避けることで
終息するのならば今は我慢の時・・・

在宅が多くなっていやに愛想がよくなったなと思っているのは
ネズミの額より狭い庭の花と
愛犬ワン子ちゃんかも

marori_c20041111

住宅地の散歩から誰もいない場所に切り替えて
・・・裏の空地が意外にも広かった!・・・
愛犬ワン子は伸び伸び

marori_c20041112


marori_c20041103

ウエアは孫のトレーナーをリフォーム
ダニに取りつかれても困るので予防的に

frijia20041104

フリージア
水やりした後なので滴だらけ

haiodorikoso20041101

ハイオドリコソウ
うろ覚えでいい加減な名前を付けてしまいました(^-^;
正しくはキバナオドリコソウ
別名ツルオドリコソウです

himeturusoba20041103

ヒメツルソバ

margaret20041101

マーガレット

yukimotiso20041702

今一番嬉しいのがこのユキモチソウ
故郷の姉に頼んで裏山の株を鉢植えにしてもらった花が
咲いた

       
最新コメント
ギャラリー
  • 仲良し・・・ハグロトンボ
  • 仲良し・・・ハグロトンボ
  • 仲良し・・・ハグロトンボ
  • 仲良し・・・ハグロトンボ
  • 仲良し・・・ハグロトンボ
  • 仲良し・・・ハグロトンボ
  • 仲良し・・・ハグロトンボ
  • 仲良し・・・ハグロトンボ
  • 仲良し・・・ハグロトンボ
記事検索
メッセージ
アーカイブ
  • ライブドアブログ