出会い色々・・・クロアゲハ


husahujiutugi20082202

川辺に咲くフサフジウツギ
もともとは園芸植物だったのが野生化して
この山系ではあちこちで咲く

kuroageha20082220

甘い香に惹かれるのか
クロアゲハが夢中で吸蜜

kuroageha20082230


botanduru20082202

ボタンヅルは花盛り
キンポウゲ科
センニンソウよりやや小さく少しアイボリーがかっているような

daikonso20082203

ダイコンソウの実
バラ科

daikonso20082204

花よりも花びら散った実に惹かれる

otogiriso20082202

オトギリソウ
オトギリソウ科

otogiriso20082203

少しだけ色づいた実

nigakusa20082202

ニガクサ
シソ科

nigakusa20082204

あまり会えないと思っていたが
このルートではあちこちにいた

mamusigusa200822

マムシグサ(?)のまだ青い実
サトイモ科
実に触れるだけでもピリピリすると聞いて以来
触ったことがない
それ以前から敬遠気味ではあったけれど

akebonoso200822

アケボノソウはまだ支度中
リンドウ科
今年はかの山のアケボノソウの道は歩けないかな・・


       

初々しいレモン色・・・カキノハグサ


kakinohagusa20053082

カキノハグサ
ヒメハギ科

kakinohagusa20053059

二度会いに訪れた一回目は
まだ咲き始めたばかりのレモン色
兎がびっくりして耳をピンと立てたかのような花が
愛らしい

kakinohagusa20053042

上の方はまだ蕾で初々しい

kakinohagusa20053030

柿の葉草と書くように
葉が柿の葉に似ることからの命名のようだけど
このレモン色の花が
やがて熟した柿そっくりの色に変わるのも面白い

kakinohagusa20053036

実際にはもう柿色の花の時期も過ぎて
花は終わっているかもしれないのに
今頃アップするのもどうかと思うものの
でもモデルになってもらった花に敬意を表して・・・
なんて言い訳しながら
要は大好きなのでアップします(^-^;
柿色の候もそのうち・・

kakinohagusa20053023


kakinohagusa20053021

こんな楽しい花が比較的身近に住んでいるのが嬉しい

hitujigusa20053006

咲き始めたばかりのヒツジグサ
スイレン科
清楚な花と水中で伸びる茎の模様が絵画のよう

hitujigusa20053004


tatunamiso20053003

タツナミソウ
シソ科
花が少ないし
ただのタツナミソウではなさそうだけどわかりません

jakoageha20053021

ウノハナにジャコウアゲハ

jakoageha20053022

赤と黒の斑模様の幼虫(苦手!!)と
同じようなお腹の模様

tombo20053002

これはハラビロトンボかな?


       

モチツツジ畏るべし・・・ギフチョウ


gihutyo200406102

前回に続きギフチョウ

まだ蕾固いモチツツジで吸蜜?
そのつもりだったのだろうけど
なんだか様子がおかしい

gihutyo200406103 gihutyo200406104

モチツツジの粘着性の繊毛に捕まったのか
飛び立とうとしても離れられない

gihutyo200406106 gihutyo200406107

思いっきり体を絞ってその反動で離れようとするが

gihutyo200406108 gihutyo200406109

なかなか

gihutyo200406112 gihutyo200406117

何度もあがいてやっと解放された
モチツツジは手で触ってもベタベタするとは思っていたけれど
こんなに強力だとはびっくり
調べてみると虫を捕まえることはあるようだが
蝶まで慌てさせるなんて

gihutyo200406177

他の木でも一休み

gihutyo200406179


gihutyo200406185


gihutyo200406066

思いがけずギフチョウにたっぷり遊んでもらった一日

       

花の盛りに・・・ギフチョウ


gihutyo200406143

ギフチョウ
二度目の訪問
今度はピークまで登ってみた
行った時はものすごいスピードで飛び交って
なかなか花に止まってくれなかったが
お弁当を食べて様子をみているとやがて時々小休止なのか
花に憩うようになった

gihutyo200406148

もう一羽やって来た

gihutyo200406149

仲良くしよう

gihutyo200406150


gihutyo200406151


gihutyo200406152

カップル成立の図かと思ったら
詳しい人によると雄がまちがえて雄に恋を語りかけたとのこと・・・

gihutyo200406134

毎年コバノミツバツツジの開花状況と
ギフチョウの発生は微妙に違うのだけど
今季は満開と発生が同時期で
花爛漫の中で10頭以上の蝶が飛び交う光景は夢のよう

gihutyo200406120


gihutyo200406052


agehatyo20040635

キアゲハも

agehatyo20040616

一瞬ではどちらがどちらか迷いそうになる

昨日撮影

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

緊急事態宣言・・
不要不急の外出は控えるようにとの要請
今までのように呑気に出歩くわけにはいかないでしょう

ふと若い頃のことを思い出した
娘たちが誕生する前までは
ぽっかり空いた何をするでもない時間が好きだったことを

心を空っぽにして
ただただそこにいることがとても豊かな時間のように
思えた
娘の誕生とともに時間に追われるようになって
やがて何もしない時間をもったいないとしか思えなくなり
「ゆとりの時間」が色褪せてしまった

スローライフ
そんな呑気なものではないけれど
縛られるといらいらするよりも
かつての日々のように自分時間をのんびり過ごすことも
いいのではないか
そうとばかりも思えないけど
そう思うことにしよう・・・

早くこの状況が改善されますように

       

春の女神降臨・・・ギフチョウ


gihutyo200331128

ギフチョウ
オオムラサキと国蝶の座を争ったとも言われる蝶
この美しい姿で過ごすのは
春のほんの一時期・・・二週間ぐらいなのだそう

例年なら四月頃だけどもしかしてと行ってみた
ちょうど山を下りてきた人に尋ねるとたった一頭だけいたけれど
ほとんど姿を捉えることはできなかったとのこと
麓の方で会えればというつもりだったので無理かなと思いつつ
行ってみると・・・いた!
友人が先に見つけて手招きしてくれた

gihutyo200331004

生れたばかりで羽根が乾くまで笹につかまってじっとしている

gihutyo200331012

ちょっと動いた

gihutyo200331018

ん?羽根の間がこんなに空いていたっけ・・・

gihutyo200331030

どうやらまだ羽根が完全に開いていなかった様子

gihutyo200331038


gihutyo200331039


gihutyo200331043

小刻みに羽根をふるわせて飛び立つ時を伺う

gihutyo200331070


gihutyo200331078

羽根が完全に開いた
生まれたばかりの姿のなんと美しいこと

gihutyo200331091


gihutyo200331092

試すように近くをひらひらと飛んで
やがて高く舞い上がって見えなくなった
会えると思っていなかっただけに
その優雅な一部始終に思わず拍手

例年のように呑気に足繁く通うのは無理だと思っていただけに
行っていきなり会えたことがとても嬉しい

       
最新コメント
ギャラリー
  • 仲良し・・・ハグロトンボ
  • 仲良し・・・ハグロトンボ
  • 仲良し・・・ハグロトンボ
  • 仲良し・・・ハグロトンボ
  • 仲良し・・・ハグロトンボ
  • 仲良し・・・ハグロトンボ
  • 仲良し・・・ハグロトンボ
  • 仲良し・・・ハグロトンボ
  • 仲良し・・・ハグロトンボ
記事検索
メッセージ
アーカイブ
  • ライブドアブログ